会社の電話対応が苦痛で仕方ない!電話嫌いを克服する3つの方法

こんにちは、teruです。

会社に入ってオフィスで働くような仕事だと、嫌でも避けて通れないのが電話対応ですよね。

電話対応なんて何とも思わない人にとっては何でもない事のように思えますが、最近では新入社員が電話対応が嫌でやめたってニュースがあったくらい嫌な人には苦痛な業務です。

僕もそんな一人で正直電話は苦手です。でも過去に嫌でも知らない人と電話でやりとりしなければならない仕事をしていた事で今はそれほど苦ではなくなりました。

今回は電話対応が苦痛で悩んでいる人の為に、少しでも電話嫌いが克服できる方法をご紹介します。

会社の電話対応が嫌な理由

嫌いの度合いや理由は人によって違うと思いますが、そもそもいきなり電話がかかってきてうれしいと思う人っていないと思います。

もうよほど孤独で誰でもいいから話がしたいっていう人は別ですけど。

僕が会社で働き始めたばかりの頃、電話にでるのが嫌だった理由としては

  1. 単純に知らない人からの電話にでるのに緊張する
  2. 相手の言っている内容が分からないのでいちいち確認しなければならない
  3. 会社名や名前を聞かなければいけないが、早口や活舌悪い人、声の小さい人だと名前が聞き取れない
  4. 自分が電話しているのを回りの人に聞かれるのが嫌

などでした。

以上の理由から会社に入ってまもない頃は、「何もわからない新人に電話対応なんか任すなよ」って思っていました。

でも、あとになって思い返してみると、新人だろうがベテランになってからだろうが関係ないんですよね。

だって、電話対応をしないまま年月が過ぎていったって電話対応に関しては初心者のままなんですから。

では電話嫌いを克服する方法を説明します。

電話嫌いを克服する方法とは

考え方を変えてみる

まず一般的に電話にでるのが嫌な理由としては、上手く話せずに失敗したらどうしようって思いからだと思うんです。

僕もこれまでに嫌というほど仕事で電話をしてきましたが、最初の頃はビジネスマナーなんてわかってないのでひどいもんだったと思います。

大企業みたいに社員研修があるわけではなかったので、仕事での電話の仕方なんて誰からも教わった覚えはありません。

むしろかかってくる相手や周りで電話している人の言い回しを聞いて覚えていったぐらいです。

でも、これまでに電話の相手に僕の電話の対応が悪いとか言われた事は、直接的にも間接的にも一度もありません。

なにが言いたいかというと、自分が思っているほど相手はあなたの電話対応など気にしていないという事です。

とはいっても横柄な態度をとったり、明らかに雑に扱われたら不快な思いをするのでダメですよ。

分からないなりにも失礼のないように丁寧に対応しているのが伝われば上手く話せなかったとしても問題ありません。

電話しているのを周りに聞かれるのが嫌というのも同じです。

あなただって仕事に集中している時に回りで電話している人の話方がどうだとか気にしませんよね。

たしかにテレアポとかお客様相談室みたいな電話をするのが専門の仕事なら、言葉づかいとかも細かく注意されると思います。

でも、一般的な仕事では電話がメインの仕事ではないので、最低限の受け答えができていれば文句言う人はいないでしょう。

電話の相手も、みんながみんなビジネスマナーの達人みたいな人ばかりでなく完璧ではないので、最初は上手く話せなかったとしても気にする必要なんてないんです。

電話なんて要件が伝わればいいわけですから。

なので電話にでる事に対して必要以上に深く考えすぎない事です。

かってにハードルを上げてしまって悩むより、かかってきたらとりあえず気楽にでてみましょう。

仕事を覚えて知識を増やす

冒頭であげた電話にでるのが嫌だった理由にあるように、相手の言っている事が理解できないのがストレスとなる事もあります。

例えば新しく何かの担当者になった時は、電話の相手もあなたの事を知らないわけです。

僕も実際にあったんですが、担当というからには知っていて当然でしょって感じで話してくる人もいます。

そんな時、「すいません。確認します…。」といちいち先輩や上司に確認しなければならないのが嫌でした。

でも、これらは最初だけです。数をこなし慣れる事で解決します。

とにかく最初は業務の事が分からない不安がストレスになるので、仕事の経験や知識を増やして自信をつけましょう。

相手の言っている事が理解できるようになるレベルになれば、受け答えもできるようになりそれがまた自信につながるので苦ではなくなっていきます。

まずは一日でも早く業務を覚えて仕事に関する知識をつけてください。

ひたすら数をこなして慣れる

あとはもうひたすら数をこなして慣れるしかありません。

会社の電話って一般人からのクレームや問い合わせを受けている人は別として、かかってくる人はある程度限られてきます。

慣れてくるとかかってくる人もパターン化されてきて、取次なんかも相手に聞き返す事もなくスムーズにできます。

関係ないですが、僕は22歳くらいの頃、何を思ったのか半年だけですが営業の仕事をしていました。

それもマンションの入居者むけの訪問販売です。

指定されたマンションの部屋を片っ端からインターホン押して回るんですが、最初はインターホン押すだけでも手が震えました。

だって誰が住んでいるかも分からない上に、訪問営業なんてほとんどは嫌ーな対応されるんです。

でも不思議なもんで、嫌でもある程度やっているうちに慣れてきてなんとも思わなくなりました。

結局別の理由でやめちゃったわけなんですけど、それに比べたら会社にかかってくる電話なんて楽勝です。

何回も対応していたら嫌でも慣れます。

それでもダメなら転職も考える

一年くらいやってみてそれでも朝起きて会社に行くのが苦痛なくらい電話対応が嫌なら転職も考えてみてください。

世の中には電話対応のない仕事なんていくらでもあります。

例えば、工場の現場作業や飲食店、アミューズメント施設は管理職にでもならない限り電話対応なんてほぼありません。

本当に合わない仕事というのはいくらやっていても慣れないものなので、環境を変えてみる事で苦痛から解放されるかもしれません。

仕事は人生の大半を費やすものなので、いかに自分にあった仕事をみつけるかが大事です。

苦痛で慣れない事をやり続けて、自分を追い込む必要なんてありません。

どうしても電話対応が嫌で仕方ないなら、もっとあなたにあった仕事を探してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です